Camping Car Service

CAMPING CAR DRIVING

キャンピングカーの運転のきほん

キャンピングカーの運転のきほん

キャンピングカーの運転は初めてという方がほとんどだと思います。普通運転免許で運転できるとはいえ、
運転に不安を感じる方も多いと思います。キャンピングカーを運転するあなたの旅が、事故やトラブルなく、
安心・安全に楽しんで頂けるように、押さえて頂きたいキャンピングカーの運転のきほんをまとめました。

アクセル、ブレーキ
キャンピングカーは車体サイズに対して重量が重くなりやすいため、アクセルやブレーキ制動の強さは比較的弱くなります。なお、軽キャンパーやバンをベースにしたバンコンなど乗用車と変わらないサイズのキャンピングカーであれば、気になるほどの差はないと言えます。 キャブコン以上の大きなキャンピングカーに乗る際にはアクセルやブレーキ制動の強さが明らかに落ちるため、特にブレーキ時には早めのブレーキを心がけることが大切です。
カーブ
重心が高くなりがちなキャンピングカーは、カーブ時の遠心力に弱いという特徴があります。そのため、カーブを曲がる際は普段よりもしっかりスピードを落とし、不安定な走行にならないよう注意が必要です。スピードを落としてカーブを曲がれば慣性の力も弱まるため、外側に引っ張られるような不安感もなく同乗者が快適に過ごせます。 また、普段乗っている車より大きいキャンピングカーに乗る際には、カーブ時の周りの安全確認にも十分な注意が必要です。人との接触やバイクの巻き込みはもちろん、車体の奥行きが長い場合は隣のレーンを走る車にも配慮してカーブを曲がるようにしましょう。
駐車場
国産のキャンピングカーであれば、大型のキャブコンでも日本国内での走行を想定して作っているため過度に心配する必要はありませんが、駐車場での運転にも注意が必要です。比較的狭い駐車場では停められないことがある他、横と後ろを注意するあまり車体上部が看板などにぶつかってしまうケースも考えられます。
高速道路
重量が重くブレーキ制動が弱くなりがちなキャンピングカーは、法定速度の100km/hで高速道路を走ると事故の危険性が高まります。90km/h程度の遅めのスピードで走ることで、安全に走行することが可能です。人によっては、一般車に乗っている時のようなスピードで走れないことが気になることもありますが、特に大型のキャンピングカーは「ゆっくり走るもの」と割り切ることが大切です。 また、高速道路などで走っていると、隣を別の大型車両が通過したときに風圧で押し出されることがあります。突然そうなると若干恐怖を感じることもありますが、身構えておけば特に危険ではないため、安全のためにも常に周りをよく確認して走ることが大切です。
橋の上
大型のキャンピングカーで意外に気をつけなければならないのが、橋の上の横風です。重心が高く、横風を受ける面積の広い大型のキャンピングカーは思った以上に橋の上で不安定になります。橋に差しかかる前にスピードを落とすことで、横風の影響をある程度抑えることが可能です。
キャンピングカー運転の基本動画
キャンピングカーを運転する際の注意点などを、分かりやすく動画でまとめました。
ご利用の前に御覧ください。
装備説明動画
キャンピングカーの各種装備の使い方を、分かりやすく動画でまとめました。
ご利用の前に御覧ください。

マナーを守って安全運転で楽しく快適な旅を